スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

娘の大手術で~

最近医療関係のドラマが続いてますが・・・・

先日神の手を持つ心臓外科医を見ていて、30数年前の娘の事を思い出しました。

娘が3歳の時「歩かない」「風邪を引く」で心配になり行きつけの医院で調べると、

専門医を紹介されて、診察すると、先天性の心臓病と告げられました。

即手術と決まりましたが、その頃は、心臓病は死と言われていましたので、手術を受けるのが怖くて

ずいぶん悩みました。さぁちゃんはショックで「胃潰瘍」になり、同じ病院の内科に入院しました。

娘の付き添い看護は身内に決まっていましたので、私が付き添うことになりましたが・・・

私も病気なので娘の病室で、点滴をしながら看護をしていました。

娘は気丈ながら、注射されても泣き言はありませんでした。

手術に入る時は「ママ~~」と心細い声で泣いていましたが、我慢強い子です。

無事に生きて帰ってきた時は、神様がいるのだと思いました。

何故心臓病になったのか、原因がわかりませんが、私は「結婚してはいけません」と医師に言われていたのに

結婚したのが良くなかったのか?今でも悩む事があります。

娘に申し訳ないと・・・とね。

でも可愛い孫が二人も、娘が産んでくれた神様のプレゼントだと思っています。

ありがとう。

スポンサーサイト
プロフィール

tententenchan

Author:tententenchan
弱いと言いながら、今年も
生きている。
今年からは、病名も増えてきた。
病名に、書いて自分の生きざまを描く事にします。
あと何年で生きてゆけるか?

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。